「下剋上受験」の主題歌「遺伝」の歌詞がスゴイ!完全解説しちゃいます!斎藤和義「遺伝」の歌詞を知りたい方にズバリその歌詞とドラマの関連性を大公開デス!

スポンサーリンク


下剋上受験 主題歌「遺伝」の歌詞

 

まずは下克上受験の主題歌「遺伝」(斎藤和義)の歌詞を大公開!

下にも動画ありマス!

 

 

「遺伝」斎藤和義

 

運がいいとか 悪いとか
神がいるとか いないとか


遺伝するのは 顔だけか
それとも 魂まるごとか

 

人は誰でも平等で
いつか努力は 報われる

 

取ってつけたような きれいごとだけれど
信じてみなけりゃ 始まらない


戦ってみるか 遅くはないさ
なんでもいいよ お前となら

 

 

下剋上受験 主題歌「遺伝」の意味は

実は、ドラマ「下剋上受験」の内容が主題歌「遺伝」の歌詞にすごくマッチしてるんです!

まるで、父信一さんの心の葛藤をそのまま歌にしたカンジ!

 
 
どこがどうマッチしてるのかって?
 
 

そこで、主題歌「遺伝」の歌詞と「下克上受験」の内容で何を意味するのかを『信一さん言葉』にして私なりに分析、解説してみました。^^

 

 
「運がいいとか 悪いとか
神がいるとか いないとか」

 

信一『自分の親も中卒、自分も中卒、妻も中卒。これってやっぱり「運」とか「運命」か~。』

 

信一『そこに大事な一人娘が生まれてきた。「親を選べずに中卒の家庭に生まれてきた」かわいそうな子、佳織~。』

 
 
信一『あ~やっちまった。頭が悪いのは親の遺伝か~ごめんな、佳織~』

 
 
余談ですが、思わず「そうか、遺伝か~!ごめんよ、わが子~」と私も懺悔。(笑))>

 

信一『「運」の良し悪しや、「神」がいるのかいないかは分らんけど、こんなことが偶然のように続いて起きるんか。。。』

スポンサーリンク


 

「遺伝するのは 顔だけか
それとも 魂まるごとか」

 

信一『外見が遺伝するのはわかるけど、内面(能力的なこと)まで遺伝してしまうんかい~』

 

信一『じゃあ、中卒の自分の娘はやはり中卒になっちゃうじゃないか=!』

 

(余談ですが、顔の遺伝は医学的にもある程度証明されてますよね。実際笑ってしまうくらいそっくりな親子さんって時々いますよね。^^)

 

「人は誰でも 平等で
いつか 努力は報われる」

 

信一『「人間みな平等!」小学校で先生に教わったのに~』
 
信一『「努力すれば報われる」って聞いてたのに~』

 

(余談ですが、「努力すれば報われるぞ!絶対勝つぞ~オーッ!」運動会前など松岡修造さんタイプのクラス担任はハイテンションで生徒に激を飛ばしますよね。小学生までは素直なので信じます)


 
「取ってつけたような きれいごとだけれど
信じてみなけりゃ 始まらない」

 

信一『「人は平等」とか「努力は報われる」ってやっぱ、きれいごとだよね。大人になると現実知るからね。』

 

信一『でも、でも・・・やっぱやってみなきゃ、本当に努力してみなきゃ始まらないかも。逃げてないで、ダメもとでやってみるかっ。』

 
 

「戦ってみるか 遅くはないさ
なんでもいいよ お前となら」

 
 
信一『そうだ!中学受験、チャレンジして、戦ってみよう!
今からスタートしてもまだ遅くないからきっと。』

 

信一『なんでもいいから頑張っろうよ。 佳織~お前とならとうちゃんも頑張るで~』

 
ってカンジじゃないでしょうか!
 
まさに「下剋上受験」やったるで~って歌詞の主題歌ですよね。中卒の「遺伝」への挑戦状デス!((笑)
 


 

下剋上受験に出演中の子役を全員の画像やレア動画はこちらで見れます!
下剋上受験 子役(友達・生徒・クラスメイト)全員の画像や動画!!
 

きっと主題歌を作った斎藤和義さんが、桜井信一さんとお話ししたりしてイメージして作ったんでしょうね。本当に「遺伝」の歌詞が「下剋上受験」の内容にドンピシャで合っててドラマを盛り上げてくれる主題歌です。

 

この主題歌「遺伝」は中学受験生の応援ソングになりそうですね。 受験勉強真っただ中で勉強頑張ってる親子が聞いたら泣いちゃいそう。
 
斎藤和義さん、いい仕事してますね~

 

こんな主題歌「遺伝」の独自解釈を最後まで読んでいただき、本当にありがとうござました!!!

まだ斉藤和義さんの「遺伝」の歌詞がこちらでも見れます。

ドラマ「下剋上受験」の感想書いてマス。見ていただけたら嬉しいなぁ^^
ドラマ「下剋上受験」の感想 4話 リアル中学受験終了ママのあらすじツッコミ



スポンサーリンク